リラックス

効果の高い治療法

ニキビやニキビ跡を治す場合は、早めがいいに越したことはありません。
ここまでの記事でご紹介してきたように、早めの対応をすることによって治療にかかる速度が早くなります。
肌トラブルの中でもニキビは、症状が進行することによってひどい状態になっていきます。
そして、症状が進んでしまうと肌の劣化につながりますから、専門的な治療法を実行することが必要になるのです。

専門的な治療は、美容外科などでニキビ治療として利用する事ができます。
自分での肌のケアを行う場合は、保水保湿やビタミンの摂取などをイメージするでしょう。
ただ、これは体を作り替えるというレベルでの話になります。
そのため、跡を消す場合は一年以上かかることもありますしその間は跡に悩まされることになるでしょう。
美容外科では、患者ごとの肌を診察して最適な治療法を見出して治します。
その中でも、一般的に多く行われているニキビ治療についてご紹介しましょう。

・トレチノイン治療
トレチノイン治療は、塗り薬として処方されるもので外科手術をすることなく治すことができます。
治療期間は、二週間から一ヶ月程度と言われておりその間にこのトレチノイン薬剤とハイドロキノンと呼ばれる薬剤を患部に塗ります。
これにより、肌の自然治癒力の速度を二倍にすることができ、細胞単位で修復することが可能になるのです。
体に負担をかけることもなく、入院の必要もありませんから手軽に行う事ができる方法として知られています。

・フラクショナルレーザー治療
これは、美容外科で効果的な治療として行われている方法です。
フラクショナルレーザーと呼ばれる専用のレーザー治療器を使い、肌に照射することにより肌細胞を刺激することができます。
これにより、体内でコラーゲンの生成が促されそれによって肌にハリ・ツヤを取り戻すことが出来るのです。
上記のトレチノインを利用した治療とは違い、これは美容外科に何度か通う必要があります。
レーザー治療とはいっても、弱い力で肌にアプローチをしますのでレーザーによって肌に負担がかかるということはありません。
痛みもほとんどありませんし、美容手術で起こりがちなダウンタイムもほとんどないのです。
細胞自体を活性化させることでコラーゲンを生み出しますから、ニキビや跡の治療以外にも高いアンチエイジング効果を期待することができます。
このように、さまざまな治療法によって肌を健全な状態にする事ができるため、まずは専門医のもとを訪れてカウンセリングを受けることをおすすめします。