輝く

ニキビになる経緯

肌トラブルが起こるということは、肌表面に何かしらの問題が起こっているということです。
これは、健全な状態とは言いがたいですし、元の状態に戻さなければどうしても状態がどんどん悪化していく可能性もあります。
肌トラブルは、初期段階であれば大したことはありませんが雑菌が入り込むことによって炎症や膿などが出来る可能性も十分にあります。
しかも、引っかき傷などによって傷口が露呈してしまうことも多いため、雑菌が入りやすい場所でもあるのです。
ニキビに関しても、細菌が毛穴に入り込む事により引き起こされます。
そのため、できるだけこの細菌を除去することが肌を健全な状態に保つことになりますし、ニキビ跡を防ぐことにも繋がるのです。
ここで、どのようにしてニキビが出来るかということをまとめておきました。

まず、ニキビの発生場所は毛穴です。
毛穴は、毛が生える場所ですがその中に汗腺なども含まれています。
この汗腺が汗をだすことによって体温調節をしています。
ただ、この汗の中には皮脂と呼ばれる汚れ成分が含まれています。
この皮脂の量が多い場合は、毛穴につまって蓋としてしまう形になるのです。

この詰まりは、ストレスや化粧品の成分が肌に残っている場合に起こります。
その他にも、ストレスによって肌の状態が変わり詰まりに発展することもあるようです。
その後、通常分泌される皮脂がどんどん内部に溜まるようになります。
これにより、アクネ菌が内部でどんどん発生してしまい、そこから遊離脂肪酸と呼ばれる成分が発生します。
この遊離脂肪酸が毛穴の中で増えることによって、炎症が起こりそれがニキビとなるのです。

炎症を起こしている状態は、普段細菌を寄せ付けないようにしている肌のバリアの働きもかなり弱まっています。
そして、細菌が接触することによって炎症が更に悪化していくのです。
悪化し始めると、蝕むようにどんどんと範囲を広げていきます。
これによって、ニキビ跡が皮膚全体に広がっていき跡として残っていくのです。
この段階まで来ると、市販のケア用品ではなかなか治すことができません。
市販の物は、肌を洗浄することや栄養分を与えることはできますが、皮膚細胞の治療などはできないのです。
治療となると、医療の範疇になりますから美容外科などで専門のニキビやニキビ跡治療を受ける必要があります。
できるだけ早い段階でケアをしたり、治療をしたほうが治りも早いですし跡が残りにくいでしょう。